シルバーアクセサリー工房

     Vague(ヴァーグ)

焼くと純銀になるフシギな粘土、アートクレイシルバー。

アートクレイシルバーは純銀の微粉末と水、バインダー(結合材)で構成されている銀粘土です。 水性粘土なので、既存の粘土と同じ感覚で造形することができ、焼成することで純銀(純度99.9%)になります。 従来、特別な技術が必要だったシルバーアクセサリーづくりを、手軽に楽しめる画期的な素材として注目されています。「自分らしいシルバーアクセサリーを作りたい」「オリジナリティのある手づくりの贈りものをしたい」そんな方にオススメの素材です。

「アートクレイシルバー」は純銀の微粉末、水、バインダー(結合材)の3つからできている粘土です。
好きな形にした後に、乾燥させ高温で焼くことにより、粘土に含まれる水や結合材は焼失し、純銀だけが残るのです。

 

 

 

 

     
     
純銀の微粉末、水、
バインダーが混ざり
合った粘土状態。
柔らかく、自由に形を
つくれます。
  粘土に含まれる水分
が蒸発し、固くなります。
  バインダーが燃えてなくなり、純銀の微粉末同士がくっつきはじめます。   微粉末同士が完全に
くっつきあい、純度
99.9%の純銀になります。